大手飲料メーカー【安心】キリンVSサントリーのウォーターサーバー

【キリンvsサントリー】大手飲料メーカーのウォーターサーバーを比較してみた結果・・・

以前、キリンのウォーターサーバーとして販売されていた「アクウィッシュ」は現在、製造元のフレシャスから販売されています。どういうこと?と思った人もいるかもしれませんが、じつはKIRINのAquwishは、もともとフレシャスが製造したサーバーとミネラルウォーターをキリンのブランドで販売していたものでしたが、KIRINの宅配水事業撤退に伴い、現在はフレシャスがアクウィッシュを引き継いで販売しているのです。
ですのでここでは、現フレシャスアクウィッシュ(元キリンのアクウィッシュ)とサントリーのウォーターサーバーを比較していきます。
フレシャス<frecious>アクウィッシュ

フレシャス公式サイト
  • ・水の容量と金額

    7.2L 1,081円

    交換が楽な小型クリーンパック・衛生的にも◎

    ワンウェイ式だから回収不要、飲み終わったら捨てましょう

    ・水の硬度

    約22mg/L (軟水)

    ・採水地

    富士山の地下天然水

  • ・サーバーの大きさ(床置きタイプ)

    (幅) 30 × (奥行) 34 × (高さ) 122.5(cm)(重さ)18.1kg

    ・サーバーの大きさ(卓上タイプ)

    (幅) 30 × (奥行) 34 × (高さ) 77.5(cm)(重さ)15.1kg

    ・サーバーの色

    3色

    クールホワイト / ショコラブラウン / ミルキーベージュ

  • ・サーバーレンタル料

    無料!

    毎月のサーバーレンタル料金が0円なのでお得です。


  • ・水500mlの金額(サーバー代含む・電気代別)

    約75円

    500mlで約75円とリーズナブルに。

  • ・サーバーメンテナンス料金

    無料!

    オートクリーン機能を搭載しているので定期的なサーバー交換不要だからメンテナンス費用はかかりません。

  • ・ウォーターサーバーの電気代

    972円

    平均的な1ヶ月間の電気代は、約972円


  • ・宅配地域・配達エリア

    全国

    沖縄、離島などを除く全国に配送可能。
    配送料金無料

↓ フレシャス アクウィッシュ公式サイト ↓

FRECIOUS AQUWISH

サントリー<SUNTORY>天然水サーバー

サントリー公式サイト
  • ・水の容量と金額

    7.8L 1,150円

    ポリエチレンバッグを段ボールに収容

    ワンウェイ式だから回収不要、飲み終わったら捨てましょう

    ・水の硬度

    約30mg/L(軟水)

    ・採水地

    南アルプスの地下天然水

  • ・サーバーの大きさ(床置きタイプ)

    (幅) 37 × (奥行) 45 × (高さ) 124(cm)(重さ)26kg

    ・サーバーの大きさ(卓上タイプ)

    なし

    ・サーバーの色

    2色

    ホワイト / ブラック

  • ・サーバーレンタル料

    無料!

    サーバーレンタル料が無料のプランが登場。


  • ・水500mlの金額(サーバー代含む・電気代別)

    約74円

    ペットボトルより安い500mlあたり約74円。

  • ・サーバーメンテナンス料金

    無料!

    オートクリーンシステムを搭載しているので定期的なサーバー交換不要だからメンテナンス費用は無料です。

  • ・ウォーターサーバーの電気代

    1,000円

    目安として1ヶ月、約1,000円


  • ・宅配地域・配達エリア

    全国

    沖縄、離島などを除く全国に配送可能。
    配送料金無料

↓ サントリー 天然水サーバー公式サイト ↓

サントリーウォーターサーバー